2024年4月号

特集/ときめきのプリン&愛しのシュークリーム

【シニア】泣いて活力取り戻す 言語化で悲しみと向き合う

 年齢を重ねるにつれ、愛する家族や親しい友人たちと死別する機会も増えていく。中には悲しみを受け止めきれず、感情をうまく表に出せない、泣きたいのに涙が出ないという人もいる。意識的に泣く「涙活(るいかつ)」を提唱し、老人福祉施設やグリーフ(悲嘆)ケアの現場などで講演している「なみだ先生」こと吉田英史さん(48)に“上手に泣く”こつを聞いた。

 「知人の葬式で泣けなかった」「悲しい場面で泣けず、友