2024年3月号

特集/トカチで推し活!

再発見!まちなか商店街(9)「まちなかで一杯~北のうまいもん通り」

オーダーが入ってから目の前で焼く〈名物鰹たたき〉1,280円

 観光客や地元の人でにぎわいを見せる北のうまいもん通り、北の屋台、十勝乃長屋。今回は最新情報をお届けします!

酒と料理 山元
本場の味を十勝でも

 鮮魚を使った料理が売りの新店。看板メニューの〈名物鰹たたき〉は、脂乗りが格別な高知県産のカツオを使用。わら焼きにすることで、香ばしくいぶした皮と、うま味が凝縮した身とのバランスが抜群。からし、塩、すだちと味変できるのもまたうれしい。

店主の青沼竜太さん


Tel:0155・66・8442
営:18時~翌1時
休:日曜



手前から〈ケバブサラダ〉1,300円、〈ミンチケバブ〉870円


Cafe&Bar elf(エルフ)
ガッツリからお酒のつまみにも

 ケバブをメインに扱う外国風のバル。特製のソースで漬け込み、回転式グリルでじっくり焼き上げる〈ドネルケバブ〉のほか、串焼きにした〈シシケバブ〉など豊富なラインアップが魅力的だ。クラフトビールや海外ビール、ワインも楽しめる。

スタッフの丸山翔楠さん


Tel:090・1304・1317
営:18時~24時
休:日曜



〈分厚く食べ応え十分な〈大根とタン〉748円


わかば
気になる料理が目白押し

 紫色ののれんが目印のお店。創作おでんや串揚げで旬の食材を生かした一ひねりある料理を提供する。昆布だしが染みた〈大根とタン〉、〈舞茸と本間さんのチーズ〉など、どれも試したいメニューばかり。日本酒をおでんのだしで割った〈出汁わり〉もどうぞ。

店主の森優さん


Tel:0155・65・0787
営:18時~翌1時、金・土曜~翌2時(共にLO1時間前)
休:日曜

※フリーマガジン「Chai」2023年7月号より。
※撮影/スタジオ・イッセイ 高橋一生。写真の無断転用は禁じます。