2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

【健康】心不全患者の脳卒中などのリスク増 がん既往と心房細動で

 がんの既往歴があり心房細動を合併している心不全患者では、脳卒中や出血のリスクが高まると、東北大の研究グループが発表した。

 心不全とがんは、喫煙や食習慣などリスクとなる生活習慣や、発症に慢性炎症が関わっていることが共通しており、不整脈の一つである心房細動を合併する割合が高いことが知られている。

 研究グループは、心不全患者4876人(平均年齢69歳)のデータを解析し、心不全、がん、心