2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

【健康】月経前症候群は腸内細菌減少

 いらいらや落ち込みなどの月経前症候群(PMS)の症状がある女性では、症状がない女性に比べ特定の腸内細菌が減少していることが分かったと、近畿大の研究グループが発表した。

 PMSでは低用量ピルや抗うつ薬が標準治療だが、一般にはあまり受け入れられておらず新たな治療法が求められている。一方、近年は腸内細菌とさまざまな病気との関連が報告され、うつ病などの精神疾患でも注目を集めている。

 そこ