2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

【健康】「性別違和」に悩む人は想定より多い

 日本における「性別違和」の人口割合を算出したところ、従来の報告や海外の推定値より大幅に高かったと、岡山大の研究グループが発表した。

 性別違和とは、本人が感じている性別と、出生時に決められた性別が異なることで生じる強い心理的な苦痛のこと。研究グループは、20~69歳の約2万人を対象に調査。性別違和の評価尺度を用いて人口割合を算出した。

 その結果、性別違和の割合は、出生時に男性とされ