2022年11月号

特集/本を探しに。

【健康】思春期の少女に多い脊柱側弯症 早期発見に有効なモアレ検査

 思春期の少女に発症することが多い脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)は、脊柱(背骨)がねじれるように側方に曲がってしまう病気。早期に発見して進行を抑えることが重要だ。「側弯症は無症状・無自覚のうちに進行するので、検査機器を用いたモアレ(しま模様)検査を学校検診で広く実施することが望まれます」と、日本側弯症学会理事を務める慶応義塾大学病院整形外科・渡辺航太准教授は話す。