地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2022年1月号

特集/きままなキミと、今年も

【健康】特発性正常圧水頭症 手術で治る認知症

 特発性正常圧水頭症(iNPH)は、歩行や認知障害、尿失禁などが表れる病気で、65歳以上の1%程度に起こるとされるが、「手術で治る認知症」とも言われる。洛和会音羽病院(京都市)正常圧水頭症センターの石川正恒医師に聞いた。

▽歩行障害が特徴
 脳と脊髄の表面に循環している髄液が何らかの原因で頭蓋内にたまり、脳が圧迫されて起こる病気が水頭症。髄液の通り道が狭く