勝毎電子版ジャーナル

勝毎電子版

「香害さえなければー」会員制でレストラン再開~増える化学物質過敏症(5)

塩原 真

十勝毎日新聞社 編集局メディアコンテンツ部

 香害による化学物質過敏症(CS)と思われる症状に悩まされて営業を休止していた帯広市内のレストラン「ペニーレーン」(西21南5、田頭淳一代表)は昨年末、CSで悩む人や人工香料が苦手な人でも安心して食事ができる店として再スタートした。コンセプトには長年掲げてきた「カラダに優しい料理」と、新たに「空気がキレイな空間」を加えた。CSの症状を抱えている妻の照美さん(64)は「体調が良くなり、これまでの...