2022年10月号

特集/パン愛で、パンパン

【シニア】日曜画家の年金生活 アンリ・ルソー

 パリの税関職員として22年間勤める傍ら、余暇に絵を描いていた日曜画家のアンリ・ルソー(1844~1910年)。世界的に知られた代表作の数々は、税関を退職して早々に年金生活に入っていた50代で描いた作品でした。

 ルソーのようにアカデミックな美術教育を受けていない画家たちは「素朴派」と呼ばれました。彼らは独学で絵の修業をしてきたからこそ、西洋絵画のセオリーや古い慣習にとらわれることなく、時流