2022年8月号

特集/夏パフェ、ひんやり

【健康】夏に注意、急な皮膚の腫れ 壊死性筋膜炎

 皮膚の下の組織が細菌に侵されて壊死(えし)する重症の感染症がある。「壊死(えし)性筋膜炎」といい、夏に表れやすく、速やかな受診が必要だ。名古屋市立大学病院(名古屋市瑞穂区)皮膚科の加藤裕史副部長に聞いた。

▽1~2時間で広がる
 症状は〔1〕皮膚が急に赤く腫れて痛む〔2〕押しても消えない紫色の斑点(はんてん)ができる〔3〕血疱=けっぽう(血の水膨れ)がで