2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

【健康】涙に含まれる「極長鎖アルコール」がドライアイ防止

 涙に含まれる、分子構造が長いアルコール「極長鎖アルコール」がドライアイ防止に重要だと分かったと、北海道大の研究グループが発表した。

 涙の表面には水分の蒸発を防ぐ脂質の層があり、角膜の健康を保っている。大半の脂質に極長鎖アルコールが含まれるが、どのように作られているかや役割は分かっていなかった。

 研究グループはマウスで実験を行い、Far2という酵素が極長鎖アルコールを作っていること