十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

いいものfromトカチ(49)「旅する雑貨屋LaLiLaVoの『アフリカ布の雑貨』」

デニム生地と合わせた〈2WAYクロスターバン〉2,500円、片紐を外してウェストポーチとして使える〈ポチェット〉2,800円、カードがピッタリ入るサイズの〈ミニウォレット〉1,700円

 目が覚めるような原色や蛍光色が混ざり合う、奇抜でダイナミックなアフリカ布。遊び心のあるデザインが私たちの目を引きます。

 元々はシンプルなアクセサリーを制作していたというLaLiLaVoの原田千鶴さん。個性が足りないと模索する中で、円山動物園で見た「アフリカ布で作った象の切り絵」に衝撃を受けたそう。次から次へと生み出されるアフリカ布は、同じ形や柄を発見するのが、奇跡と言われています。そんな理想の素材と出合い、使うとワクワクするバッグや財布を作り始めました。

 ターバンは、柄×シンプルのリバーシブルで作り、コーディネートのワンポイントに。長時間つけていても痛くないようにと、ゴムの切り替えの位置や材質にもこだわっています。リュックやジャンパーを着たままでも着脱できるポチェットはアウトドアで大活躍です。

 太陽のように明るく、話すだけで人々を笑顔にする原田さん。出店時にはその人柄や作品にほれ込んだファン「ラボ族」が多く訪れています

<原田千鶴さん>
豊頃町出身。帯広市内で福祉の仕事に就いたのち、クラブメッド・北海道サホロに勤務。その後移住先の石垣島でクラフトに興味を持ち、もの作りの道へ。旅好きゆえあえて店舗は持たず、全道各地のイベントに出店する。


イベント出店時の対面販売のみ。詳しくはインスタグラム(@lalilavo)にて。問い合わせがあれば作品の修理や要望なども対応する

いいものfromトカチ
Made in 十勝の良質な雑貨を紹介するChaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2023年10月号より。
※撮影/辰巳勲。写真の無断転用は禁じます。