2024年4月号

特集/ときめきのプリン&愛しのシュークリーム

【健康】一部のPFASと川崎病発症に関連なし

 腎臓がんなどの疾患や免疫抑制との関連が指摘されている「有機フッ素化合物(PFAS)」について、胎児期にさらされても子どもの川崎病発症リスクの上昇は認められなかったと、北海道大などの研究グループが発表した。

 川崎病は乳幼児に多い病気で、重い合併症が生じることもあるが、原因の詳細は明らかでない。研究グループは、子どもの健康と環境に関する大規模調査に参加し、2011~14年に生まれた子ども2万