十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

JICAと学ぶ!~世界の子育て(4)「南アフリカ マスクさん」

南アフリカ共和国 マスク・ミリセント(Ms Masuku Millicent)さん
多様な文化と信仰

 南アフリカは多様な文化で構成されており、イシスワジ語、ンデベレ語、アフリカーンス語など10以上の公用語が飛び交います。それらの言語のうち、私は四つを話すことができます。私の生まれ育った州は野生動物保護区のクルーガー国立公園が有名です。十勝には農業経済を学ぶために留学しました。

 南アフリカには多様な文化が混在するため、親は自分の所属する文化と信仰に従って子どもを育てます。ほとんどのアフリカ人は先祖伝来の信念を持っています。私の家族はクリスチャンですが、私たちのルーツも決して忘れません。子どもや家族に不運が起こらないよう、伝統的な薬やハーブなどを使った儀式も行います。

おかゆと伝統野菜「モロゴ」のおかず


 子どもの頃から、「ティホベ」という乾燥したコーンミールと豆、すりつぶしたピーナツを混ぜた物など、伝統的な食べ物を楽しんでいます。伝統野菜の「モロゴ」を使ったおかずも一般的です。離乳食にトウモロコシ粉をお湯で煮た物も食べますよ。



 ◇ ◇ ◇

 JICA研修員や留学生が母国の子育ての慣習や文化などを紹介する。

<JICA北海道(帯広)>
 独立行政法人国際協力機構(JICA)の道東地域の拠点。地域と連携して「開発途上国の課題解決」と「道東地域の国際化・活性化」への貢献を目指している。