2022年7月号

特集/うまいぞ!中華

カゴメ「1日1杯のトマトジュース」をはじめよう~Special interview~

カゴメ北海道支店長寺本隆博さん 「1日の理想的な野菜摂取量は350g!(厚生労働省)まずは『トマトジュースジュース1日1パック』から始めましょう」

血圧やコレステロール値を気にする人へ
 健康診断や人間ドックを受ける人が増え始めるこの季節。トマトジュースに含まれるリコピンには善玉(HDL)コレステロールを増やす機能が、GABAには高めの血圧を下げる機能が報告されています。自称“健康意識の高い”アラフィフ編集ライターのずっきーが、3週間にわたり1日1パック(20ml)のトマトジュースを飲むチャレンジを開始!気になる機能やおいしさの秘密について、カゴメ北海道支店長・寺本隆博さんに聞きました。

 -サラりとして飲みやすく、食塩無添加なのにうま味が濃い。3週間、楽しみながら続けられました。ぜひ製法のこだわりを教えてください。
 カゴメのトマトジュースは、余計な熱をかけない独自技術で作っています。日本人好みの「旬の時期に絞ったおいしさ」を引き出しています。安定した品質を目指すと共に日々改良を重ねていますので、「昔飲んで、ドロドロ感や青臭さが苦手だった」という方も、ぜひ手に取ってもらいたいですね。

 -トマトジュースならではのメリットとは?
 飲みやすく続けやすいということはもちろんですが、特にトマトジュースに含まれるリコピンとGABAに注目。リコピンには血中HDL(善玉)コレステロールを増やす機能が、GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。

 -継続することで、どんなメリットがありますか?
 複数の研究論文から導かれた結果で、リコピンを8週間摂って善玉(HDL)コレステロールが増えたことが報告されています。何事も継続することが大事ですので、毎日の食生活にトマトジュースを飲む習慣を取り入れてください。私も毎日コップ1杯もしくは1パック(200ml)以上飲んでいます。トマトジュースを飲むことで健康意識が高まり、食生活や運動習慣について見直すきっかけになればうれしいですね。

ベジチェックR(※)に挑戦!
ずっきーの気になる推定野菜摂取量は??

ずっきーの推定野菜摂取量は「350g」でした!!


※センサーに手のひらを当てることで、皮膚のカロテノイド量を測定。数十秒で推定野菜摂取量、野菜摂取レベルを表示する。

(1)表示値はあくまでも目安とお考えください。
(2)ベジチェックは医療機器ではありません。

ずっきー「数値がわかると意識が変わりますね!これからも意識して野菜を摂り続けたいです」


※フリーマガジン「Chai」2022年5月号より。
※写真の無断転用は禁じます。