十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ウォール・ストリート・ジャーナル

しぼむ中国住宅バブル、経済への影響は

複数枚画像

ロケットラボは既に「科学」 SPAC銘柄とは一線画す

YouTube、米10代の人気トップ TikTok急上昇

米国男女の賃金格差、大卒後すぐに広がる

複数枚画像

孫氏の「反省」、ソフトバンクに良薬となるか

ペロシ氏訪台、アジア政治リスクの転換点に

投機筋が消えた穀物市場、価格下落に拍車

倹約する米消費者 食品も1ドルショップで

複数枚画像

ネトフリ変節の内幕、広告付きプランを急いだ訳

複数枚画像動画あり

米大学で進む統合再編、コロナで経営難加速

複数枚画像

中国市民は欲求不満、ペロシ氏訪台に「甘い」対応

動画あり

中国の実弾演習、高い戦闘能力が送るメッセージ

動画あり

ソニーを囲む敵、マイクロソフトと景気減速

大麻が吸えるヨガのレッスン、米国に登場

複数枚画像

フェラーリのEV進出計画、CEOに聞く

公開情報から機密分析、促進狙うプロ組織が誕生

コロナに未感染? 気づかないだけかも

複数枚画像

FRB、利上げの決意が揺らぐ時

世界的住宅ブームが失速、金利上昇で

全長120キロ高層ビル、サウジ計画の全容

マスク氏がグーグル創設者妻と不倫か、友情崩壊

脱シリコンバレーへ 米自治体がIT労働者を支援

複数枚画像

ゼレンスキー氏、失地回復なしの停戦応じず WSJに語る

複数枚画像

脇毛が再び流行に 見せるセレブ続々

FRBの利上げ、「行き過ぎ」懸念広がる=WSJ調査

世界の穀物市場、供給圧力は何年も続く可能性

「日本株式会社」ついに株主へ現金還元

中国ネット検閲、「個人文書」にも

【寄稿】安倍晋三が発案した「インド太平洋」

【寄稿】アンパイアの逆襲=元MLBコミッショナー

もっと見る

勝毎電子版をご購読されている方は無料でウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版を全て読むことができます!

登録方法はこちら

WSJ日本版 アクセスランキング

1

中国SMIC、半導体王者の楽しい時間終わり

 コロナ禍の恩恵を受けた中国の半導体最大手SMICは現在、需要減退と地政学的リスクに対処しなければならない。

2

「リチウム界のサウジ」採掘難航、EV革命に影

 リチウム界のサウジアラビアと呼ばれるこのカリフォルニア州ほどの大きさの地域には、EV用バッテリーの重要な原材料であるリチウムの世界確認埋蔵量の約55%が眠っている。

3

BCGワクチン、新型コロナ予防にも効果 米研究で判明

 米マサチューセッツ総合病院の研究によると、結核予防用のBCGワクチンに、1型糖尿病を患う人の新型コロナウイルス感染症予防にも効果があることが分かった。

4

懲りない投資家、米インフレ低下にまた賭ける

 米国のインフレ指標の低下に安心した一部の投資家が、物価の頭打ちを見込んだ取引に一段と傾いている。

5

欧米のロシア産原油不買、シノペックには棚ぼた

 エネルギーを大量に消費する西側諸国とロシアとの関係が悪化する中で得をするのは誰か。

6

しぼむ中国住宅バブル、経済への影響は

 中国でしぼみ始めた不動産バブルは、世界2位の経済大国を危険にさらしている。今後何年もの間、その波紋は広がる可能性がある。

7

動画配信サービス、入退会繰り返す顧客に苦戦

 動画配信サービス会社にとって、会員の維持は徐々に難しくなっている。サービスが乱立し、消費者は一定の期間利用しないサービスを切るようになっている。

8

バークシャー、アップル株大量買い増し

 著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは4-6月期(第2四半期)に株式市場が低迷する中、アップル株を大量に買い増し、エネルギー分野への投資を拡大した。

9

米、対中ハイテク輸出申請をほぼ全て承認

 米国は中国とのハイテク覇権競争を国家安全保障上の脅威と位置付けている。

10

プライベートジェット活況 セレブ批判よそに

 テイラー・スウィフトさんらが温暖化を助長していると批判されているが、セレブのほかにもプライベートジェットを利用する人が急増。

WSJ日本版 ライフ

来たれデジタルノマド 欧州各国で長期滞在策

 ラトビアからクロアチア、アイスランドに至るまで、10カ国余りの欧州諸国が、外国の裕福なリモートワーカーを引きつけるために長期滞在ビザを導入している。

職場の新フレーズ「静かな退職」って何?

 「静かな退職(quiet quitting)」というフレーズを使った動画が投稿アプリ「TikTok」で何百万回も再生されている。どういうことか。

プライベートジェット活況 セレブ批判よそに

 テイラー・スウィフトさんらが温暖化を助長していると批判されているが、セレブのほかにもプライベートジェットを利用する人が急増。

BCGワクチン、新型コロナ予防にも効果 米研究で判明

 米マサチューセッツ総合病院の研究によると、結核予防用のBCGワクチンに、1型糖尿病を患う人の新型コロナウイルス感染症予防にも効果があることが分かった。

公務員が笑顔を強制されるとき

 フィリピンの2都市が市職員に仕事中の笑顔を義務付けた。スマイルの強制は国外に広がるか?

米国のマックファン、意外にもサラダ好き

 コロナの大流行が始まった頃、米マクドナルドはメニューを簡素化するため、サラダの提供を中止した。ところが、意外にも復活を求める声が多い。

職場で愚痴る方法 不満を安全に吐き出すには

 つらい通勤や耐え難い上司、期待外れの生計費調整額についての不満を、職場でぶちまけるべきなのか?

コロナの影響、子どもの将来にどう響く

 新型コロナによる子どもたちの将来への影響について、脳科学者や精神科医、教育者や経済学者による考察が始まりつつある。

年収5000万円も、高騰する役員アシスタント職

 多くの企業を悩ませる人手不足で、「いいアシスタントがなかなか見つからない」というよくある愚痴がめったに当てはまらない超富裕層にも支障が出ている。

奇抜な論文テーマ、米大学入試で学生困惑 

 小論文のテーマとして「ウォーリーは一体どこにいるのか?」といった奇抜な問いを投げかける大学もあるが、それには目的があるという。

イーライリリー、コロナ抗体薬の商業販売開始へ

 米製薬大手イーライリリーは新型コロナウイルス感染症のモノクローナル抗体治療薬について、今月から州、病院、その他の医療提供者に対する商業販売を開始する計画だと発表した。

雑用を断って出世する方法

 キャリアにはプラスにならないのに時間がかかる雑用を、チームプレーヤーとしての自分の評判を台無しにせずに断るにはどうすればいいか。

ファイザーのコロナ治療薬、一部で再陽性

 米ファイザーの新型コロナ治療薬「パクスロビド」は、少数の患者が治療終了後、数日たって再び陽性になったことが報告され始めた。バイデン大統領もこのケースに当たる。

コロナに未感染? 気づかないだけかも

 世界的大流行が始まって2年余りが経過し、世界中の大半の人々が少なくとも一度はコロナに感染している可能性が高いと疫学者らは言う。

トランプ氏「LIVゴルフはサウジに数十億ドルの宣伝効果」

 トランプ前米大統領は自身が所有するゴルフクラブでのLIVゴルフ第3戦開幕前にWSJとのインタビューに応じ、LIVゴルフはサウジアラビアのイメージに大きく貢献していると語った。

大麻が吸えるヨガのレッスン、米国に登場

 米国ではニューヨーク州を含む約20の州で娯楽用大麻が合法化され、大麻を吸いながらヨガをするスタイルが新たに登場した。

お酒なしのデート、なぜ増えた?

 米国でお酒を飲まないデートをする人が増えている。

DIYで終活、棺おけを手作り

 いずれ訪れる終幕に備え、棺おけを手作りする人たちがいる。米国ではさまざまな棺おけの部品や手軽な組み立てキットも販売されている。

脇毛が再び流行に 見せるセレブ続々

 ジュリア・ロバーツが1999年に映画の先行上映会に登場し、ドレスの下から脇毛をのぞかせた際、作品に関するニュースよりも彼女の体毛に関する議論が話題をさらった。

ドル高ユーロ安の欧州、米国人観光客が散財

 欧州を旅行する米国人にとって、ユーロ安はぜいたくするための許可証になっている。

十勝毎日新聞電子版HOME