十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

士幌高生 森林の役割学び 木のぬくもりに触れる

 【士幌】人口減少と高齢化が進み、担い手不足が顕著になっている林業を学び、木育学習に触れる出前講座(十勝総合振興局森林室足寄事務所主催)が20日、士幌高校(赤穂悦生校長、生徒107人)で開かれた。参加した生徒26人は、林業の仕事や森林の大切さを肌で感じ取っていた。

 林業への興味や関心を深めてもらうのが目的。同事務所の法島直人所長、地域おこし協力隊で林業に従事する福家菜緒さん(池...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 士幌高生が森林の役割を学び木のぬくもりに触れる

関連写真

  • 完成したミニ・カッティングボード

    完成したミニ・カッティングボード

  • 木のぬくもりを感じながら板をやすりで磨く士幌高生

    木のぬくもりを感じながら板をやすりで磨く士幌高生

  • 完成したミニ・カッティングボードを見せる士幌高生

    完成したミニ・カッティングボードを見せる士幌高生

  • 森林の役割について話す乙井主査(奥右)

    森林の役割について話す乙井主査(奥右)

更新情報

「豊かな郷土を後世に受け継ぐ」 大樹町の酒森町長が出馬表明

紙面イメージ

紙面イメージ

12.8(木)の紙面

ダウンロード一括(103MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME