十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中

 帯広ロータリークラブ(竹川博之会長)は、帯広第四中学校(春山俊裕校長、生徒366人)で「働くことでできること」をテーマに出前授業を行った。

 職業奉仕委員会(三井真委員長)が企画して14日に開催、帯広教育研究所(小林撤哉所長)が協力した。

 授業は1年生137人が対象で、総合的な学習の時間を使い、クラス単位で実施した。講師は同委員会の三井委員長(帯広商工会議所専務)と...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中

関連写真

  • 帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 2

    帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 2

  • 帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 3

    帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 3

  • 帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 4

    帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 4

  • 帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 5

    帯広ロータリーが働く意義を講義 帯四中 5

更新情報

フリーペーパー「かむかむ」100号突破 NPO上士幌コンシェルジュ

紙面イメージ

紙面イメージ

1.29(日)の紙面

ダウンロード一括(64MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME