十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

幕別の新斎場で地鎮祭 来夏に稼働予定 帯広公益社

くわ入れを行う渡邉専務

 【幕別】帯広公益社(帯広、渡邉一郎社長)が国道38号沿いの幕別町札内共栄町3に建設する斎場の地鎮祭が5日、現地で行われた。(吉原慧)

 同社は帯広市内で4カ所の斎場を運営。年に1100件ほどの葬儀を行っている。近年の家族葬需要の高まりを受け、9年ぶりに斎場を新設する。同社が市外に斎場を建設するのは初めて。

 新斎場は鉄骨造り平屋、床面積849平方メートル。家族葬用の斎場で最大収容50席と24席の二つのホールを設ける。また、管内では初めて、プロジェクションマッピングで風景などを投影できる祭壇や、遺影を空中に投影できる焼香台を導入する。総工費は約5億2000万円。

 地鎮祭には約15人が出席。帯広公益社の渡邉聡専務がくわ入れ、設計を担当したインタージャンク(東京)の佐藤善彦社長がかま入れ、施工を担う川田工業(帯広)の川田岳論専務がすき入れを行った。

 渡邉専務は「親族の要望を把握した遺族本位の葬儀を心掛けている。幕別町や近郊の人が心から故人を見送ることができる体制を整え、地域に貢献したい」と話した。来年6月に完成、来夏の稼働を予定している。

更新情報

士幌高が「牛肉料理甲子園」に出場 5日の本番でスープを調理

紙面イメージ

紙面イメージ

2.2(木)の紙面

ダウンロード一括(140MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME