十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

編集余録「開拓のうた」

 私の歌の師野原水嶺は明治33年、岐阜県揖斐郡小島村で生まれた。生家は稲作・茶栽培の中農。大正9年、一家七人で芽室村久山に入植。一面クマザサがうっそうと茂る未開地だったという。水嶺の第2歌集『本籍地』(日本文芸社)には開拓の歌が多く収められている

▼〈こちらからも野火を放てばよろこびて火はわが拓地一帯に燃ゆ〉-。野火を放つ目的は、雑草や雑木を焼き払い開墾しやすくするためである。〈こち...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

「生理の貧困」男女で理解 帯広西陵中保健美化委員会がプロジェクト

紙面イメージ

紙面イメージ

9.28(水)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME