十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「くら寿司」帯広初出店 西20南2 7月中旬に店舗完成

建設が進められている「くら寿司」店舗

 大手回転寿司チェーン・くら寿司(本社大阪)は、帯広市西20南2に店舗の新設を進めている。同社は昨年、道内に進出、札幌以外では初出店となる。建物の完成は7月上旬を予定しており、オープンはその後になるとみられる。

 場所は白樺通沿いで、ツルハドラッグ帯広西20条店の西隣、近隣にはディスカウントスーパー・テキサスなどもある。建築確認申請などによると、平屋で床面積は489平方メートル。すでに着工している。

画像をクリックすると拡大します。

 くら寿司は1977年創業、国内507店舗、海外82店舗を持つ(4月末現在)。売上高は1475億円(2021年10月期)。道内進出は全国で最も遅く、昨夏に札幌市内に初出店し、現在、同市内で3店舗を展開する。ファミリー層向けの抽選ゲーム「ビッくらポン」のほか、食材では化学調味料など四大添加物の不使用といった特徴がある。

 同社は「帯広に出店させていただくのは間違いない。詳細はしかるべき時期に発表したい」(広報・マーケティング本部)としている。

 同業の全国チェーンではすでに、ゼンショーホールディングスの「はま寿司」ほか、あきんどスシロー運営の「スシロー」、元気寿司グループの「魚べい」などが十勝に進出している。(佐藤いづみ)

更新情報

思い出の鉄路・十勝の廃止駅 北海道拓殖鉄道編3 瓜幕駅

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME