十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

思い出の鉄路 十勝の廃止駅~河西鉄道(3)「鹿追・上然別停留所」

下川勝治さん(92)=鹿追町幌内
大雪の中背負った集乳缶 沿線工場の輸送路線
 1921(大正10)年、日本甜菜製糖(現在の日甜とは別の会社)が清水町に製糖工場を建設し、製酪工場を併設した。原料の輸送用に軽便(けいべん)鉄道を敷設し、沿線農家からビートや生乳を集めた。同社は2年後、明治製糖に吸収合併され、23年に明治製糖清水工場に。軽便鉄道は24年に「河西鉄道」として独立した。


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

十勝バスで帯広へ買い物 高齢者ら支援のくるくる号と連携 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.11(木)の紙面

ダウンロード一括(111MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME