十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

エゾシカ肉のドッグフード販売 新得・上田精肉店

エゾシカ肉を原料にしたドッグフード

 【新得】こだわりのエゾシカ肉を販売している上田精肉店(上田隆史社長)は、ドッグフードを専門に扱う会社「ARATOKU(アラトク)」(上田恵美社長)を立ち上げ、昨年12月から本格的に販売している。十勝の野生エゾシカ肉を使ったドッグフードで、上田隆史社長(47)は「品質にとことんこだわった健康促進のペットフードを愛犬に」と話している。(佐々木健通信員)

 同精肉店は1960年の創業。3代目の上田社長は「人が食べておいしく健康になれるのなら、ペットにも最適な食材になる」と思い立ち、2019年にアラトクを設立し、ペットフードの研究と開発を進めてきた。冬に向けて脂がのる9~11月に捕獲したエゾシカ肉は、たんぱく質や鉄分、亜鉛、ビタミン類が豊富に含まれている。

 道の自主衛生管理認証制度(ハサップ)で、最高のA評価を取得した自社工場の新得エゾ鹿加工センターで加工している。個体ごとに識別番号を付けるなど安全管理も徹底している。

 ドッグフードの商品は「エゾ鹿アバラ骨ジャーキー」(100グラム1100円)、「エゾ鹿肉ジャーキー」(50グラム1100円)、「エゾ鹿レバージャーキー」(50グラム1300円)、「エゾ鹿心臓ジャーキー」(同、同)、「エゾ鹿無添加なめし皮ガム」(30グラム700円)、「エゾ鹿角カット」(100グラム1500円)の6種類(いずれも税別)。

 同精肉店、JR新得駅内の新得ステラステーション、瀬戸内商事の他、道内のペットショップやトリミングサロンなどで販売している。問い合わせは同精肉店(0156・64・5107)へ。

関連写真

  • 品質にとことんこだわったエゾシカ肉のペットフード

    品質にとことんこだわったエゾシカ肉のペットフード

更新情報

札内東中の朴木毬乃、日本サッカー協会の女子GKキャンプに参加「将来はなでしこに」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.11(木)の紙面

ダウンロード一括(111MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME