十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

アザラシの腹にロープ 十勝川河口で幕別の杉山さんが撮影

豊頃町大津の十勝川河口付近で撮影されたアザラシ。腹部にロープのようなものが巻き付いている(杉山さん提供)

 【豊頃・幕別】幕別町のアマチュアカメラマン杉山峰彦さん(45)が8日、豊頃町大津でロープのようなものに絡まったアザラシを撮影した。

 杉山さんはこの日、ジュエリーアイスの撮影で大津へ。凍った十勝川の河口付近に、顔の部分が白い産毛で覆われたアザラシがいたため、望遠レンズで撮影した。画像を拡大すると、腹部にロープのようなものが巻き付いていることが分かり、その箇所がうっ血しているようにもみられた。

 杉山さんは「産毛があるのでまだ子どものはず。近くでは親のようなアザラシが水面に時折顔を出していた」と話す。1時間ほど撮影場所から見守っていたが、アザラシが他の場所に動くことはなかった。「何とかしてあげたかったが、十勝川の薄い氷の上にいる。近づくこともできない」と歯がゆそうに話した。

 負傷した犬や猫などを保護する十勝総合振興局環境生活課は「アザラシの場合は、残念ながらこちらで捕獲・保護できる体制がない。本庁に対応できる部署がないか確認したい」としている。

 豊頃町は「アザラシを発見しても、決して近づいたり触ったりしないように」と注意を呼び掛けている。(松村智裕、小縣大輝)

更新情報

日勝峠通行止め続く 大雨による影響 復旧の見通し立たず

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME