十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

朝日に輝くジュエリーアイスのアート 豊頃

村中さん(左)が制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

 【豊頃】豊頃町内の大津海岸に打ち上がる「ジュエリーアイス」が、一人の彫刻家の手によって自然に溶け込んだ氷の芸術「ジュエリーアイス・アート」として脚光を浴びている。

 制作に励んでいるのは、幕別町在住で本別勇足中教諭の村中鉄也さん(50)=東京芸術大学大学院修了、平原社美術協会会員=。ジュエリーアイスの名付け親で豊頃町観光大使を務める浦島久さん(69)の父で写真家の甲一さんの没後20年に合わせて帯広市内で開かれた写真展に足を運んだ際、浦島さんと知り合って今回の企画が実現した。

 制作は昨年12月19日に始まり、25、26、29日と足を運んだ。5回目となった1月2日は午前5時半ごろに浜辺に到着。氷点下16度まで冷え込み、漂着した板状の氷の中から20枚ほど選んでのこぎりで氷を削ったり、互い違いに組み合わせたりして高さ約1・7メートルの作品を完成させた。アートのタイトルは「Cathedral(大聖堂)」で、村中さんは「荘厳さをイメージした。5日目にして一番の出来かな」と手応えを話す。

 このアートは波や風の影響で割れ、太陽の熱で跡形もなくなり、ジュエリーアイスのはかなさを伝えている。制作工程を写真に記録している浦島さんは「アイデアを形にする技術が素晴らしい」と舌を巻き、村中さんは「空や海、周囲の環境すべてが自分にとってのアート。最終的に大きな氷塊を使ったアーチ状のものをつくりたい」とし、今後も通い詰める予定だ。(小縣大輝)

関連写真

  • 村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

    村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

  • 村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

    村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

  • 村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

    村中さんが制作したジュエリーアイス・アート(2日午前8時ごろ、浦島久さん撮影)

  • 日光を浴びながらジュエリーアイス・アートの制作を続ける村中さん(2日午前7時ごろ、浦島久さん撮影)

    日光を浴びながらジュエリーアイス・アートの制作を続ける村中さん(2日午前7時ごろ、浦島久さん撮影)

更新情報

道の駅来場者50万人突破 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

7.1(金)の紙面

ダウンロード一括(95MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME