十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

男子単は瀬藤(帯大谷)女子同は内田(帯三条)制す 帯柏葉男女複V 全十勝高校新人バドミントン

 バドミントンの全十勝高校新人選手権大会兼第54回道高校新人大会北北海道大会十勝地区予選会の個人戦(十勝バドミントン協会、高体連十勝支部主催)が13、14の両日、芽室町総合体育館などで行われた。1部男子シングルス(単)で瀬藤智史(帯大谷2年)が頂点に立った。同ダブルス(複)は、越川匠・高橋吏玖組(帯柏葉同)が制した。女子単は内田千晴(帯三条同)が優勝し、同複は本間陽・藤川麻愛組(帯柏葉1年)が...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 男子単の上位選手。前列左が優勝の瀬藤智史

    男子単の上位選手。前列左が優勝の瀬藤智史

  • 男子複の上位選手。前列左が優勝の越川匠・高橋吏玖組

    男子複の上位選手。前列左が優勝の越川匠・高橋吏玖組

  • 女子複の上位選手と推薦選手。前列左から、推薦の江口碧・濱下亜美組、優勝の本間陽・藤川麻愛組

    女子複の上位選手と推薦選手。前列左から、推薦の江口碧・濱下亜美組、優勝の本間陽・藤川麻愛組

  • 女子単の上位選手と推薦選手。前列左から推薦の濱下亜美、優勝の内田千晴

    女子単の上位選手と推薦選手。前列左から推薦の濱下亜美、優勝の内田千晴

  • 【女子単・決勝】粘り強く戦う帯三条の内田千晴

    【女子単・決勝】粘り強く戦う帯三条の内田千晴

  • 【男子単・決勝】力強いプレーを見せる帯大谷の瀬藤智史

    【男子単・決勝】力強いプレーを見せる帯大谷の瀬藤智史

更新情報

「とかちっち」のフレーズで人気に火 「明治北海道十勝」ブランド30周年

紙面イメージ

紙面イメージ

5.17(火)の紙面

ダウンロード一括(46MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME