十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

IST工場や発射場紹介 大樹でオンラインツアー 北海道宇宙サミット開幕

宇宙サミットのオンラインツアーでISTの事業を説明する堀江さん(4日午前10時50分ごろ)

 【大樹】「北海道宇宙サミット2021」が4日に開幕、初日は大樹町内のロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ(IST)の工場やロケット発射場をネット上で紹介するオンラインツアーが開かれた。

 サミットは、北海道・十勝でのスペースポート(宇宙港)構想の機運を高めるのが目的。大樹町、スペースコタン、IST、とかち財団、十勝毎日新聞社で構成する実行委員会が主催した。5日は帯広市内でカンファレンス(全体会合)が開かれる。

 オンラインツアーはISTや射場のほか、町の交流施設SORA、多目的航空公園の滑走路などを結んで企画。IST創業者の堀江貴文さん、同社の稲川貴大社長、スペースコタンの小田切義憲社長が案内役を務めた。

 ISTの本社工場では、堀江さんがロケットの模型や部品を示しながらISTの取り組みを紹介。「日本の宇宙開発は国が主体だったのでなかなか進まない側面があった。民間が手掛けることでコストダウンとスピードアップを図りたい」などと述べていた。(能勢雄太郎)

関連写真

  • 宇宙サミットのオンラインツアーでISTの事業を説明する堀江さん

    宇宙サミットのオンラインツアーでISTの事業を説明する堀江さん

更新情報

市街地のにぎわい創出へ 芽室の有志ら活動開始

紙面イメージ

紙面イメージ

5.18(水)の紙面

ダウンロード一括(94MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME