十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

落花生収穫スタート、豊作に期待 芽室

専用の機械を使って進められる収穫作業(27日午前、芽室町上伏古の橋本真和さんの畑。小山田竜士撮影)

 【芽室】十勝では珍しい落花生の収穫作業が、町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める」と期待を強めている。

 2009年から地域おこしで落花生栽培を開始。3年前から帯広信金や帯広畜産大などによる十勝グランナッツプロジェクトの連携農家に加わり、機械化に取り組んでいる。

 今期は13戸で早生品種「郷の香」を8ヘクタールで栽培。機械収穫は26日から開始した。収穫は10月上旬まで続く。ゆで落花生に加工するほか、独自にピーナッツバターなどの加工販売も進める。藤井代表は「落花生産地として十勝・芽室をPRするためYouTubeチャンネルも開設した」と話している。(佐藤いづみ)

更新情報

帯農高野球部の補食グレードアップ、中華のプロに調理法学ぶ 高校野球オフシーズン

紙面イメージ

紙面イメージ

1.20(木)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME