十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

産卵終えたサクラマス ぼろぼろの体でも卵守る

産卵を終えたサクラマスの雌。川底の砂利を掘ったため、尾びれが白くぼろぼろになっている(25日、水中カメラで撮影)

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。

 道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻った後、9月ごろに産卵する。幼魚と、川で一生を過ごす個体はヤマメと呼ばれるが、海から戻った個体は同じ魚とは思えないほど大型化する。

 この日見られたサクラマスの雌は体長50センチほど。さけます・内水面水産試験場(恵庭市)によると、尾びれが白いのは、産卵のために川底の砂利を掘って、ぼろぼろになるため。雌は産卵後、翌日までに死んでしまうという。

 この雌は人が至近距離まで近づいても逃げようとせず、まるで何かを悟ったかのように、岩陰にじっと身を寄せていた。(高田晃太郎)

関連写真

  • 産卵を終えたサクラマスの雌。川底の砂利を掘ったため、尾びれが白くボロボロになっている(25日、水中カメラで撮影)

    産卵を終えたサクラマスの雌。川底の砂利を掘ったため、尾びれが白くボロボロになっている(25日、水中カメラで撮影)

更新情報

思い出の鉄路・十勝の廃止駅 北海道拓殖鉄道編3 瓜幕駅

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME