十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

消化液濃縮し自動散布 JA士幌で来夏実証 農水省スマート農業事業 バイオマスリサーチなど

 バイオマスリサーチ(帯広市、菊池貞雄社長)などは今年度から、畜産バイオガスシステムの自動化実証プロジェクトに乗り出す。バイオガスの抽出後に残る消化液(有機質肥料)を濃縮し、車両が自動散布するシステムで、来年夏からJA士幌町などの牧草地やデントコーン畑で実証が本格化する。プロジェクトは農林水産省のスマート農業技術実証プロジェクトに採択された。

 実証プロジェクトの事業主体は農研機...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

地酒「十勝晴れ」の酒米 12年栽培の白木さん最後の収穫

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME