十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

倒れた男性を助けた 音更の夫妻に広域消防局長が感謝状

感謝状を受けた清水さん夫妻。左は上田局長、右は編田署長

 帯広市の路上で病気のため突然倒れた60代男性に適切な処置を施し、人命救助に貢献したとして、とかち広域消防局(上田勇治局長)は2日、音更町在住の清水康喜さん(31)と妻彩花さん(23)に感謝状を贈った。

 4月3日午前10時15分ごろ、同市西23南5の路上で男性が倒れるところを、車に乗っていた清水さん夫妻と彩花さんの両親が目撃。駆け寄って呼び掛けたが、意識はなく、彩花さんが119番通報した。同局の司令員が電話越しで応急手当てを指導し、救急隊が来るまでの間、康喜さんと彩花さんの父親、通り掛かった男性の3人が交代しながら胸骨圧迫を実施。迅速で的確な対応で男性の命を救った。男性は病院に運ばれた後、同19日に退院し、後遺症もなく通常通りの生活を送っているという。

 2日は上田局長や帯広消防署の編田浩也署長らも出席。代表して康喜さんに感謝状を手渡した上田局長は「勇気ある行動が最善の結果につながった」と述べた。彩花さんは高校生のとき、帯広消防署の救命講習を受けていたという。2人は「自分たちがやるしかないと思い、必死だった。男性が無事、元の生活をしていると聞きうれしい」と話した。(石川彩乃)

関連写真

  • 上田局長から感謝状を受ける康喜さん

    上田局長から感謝状を受ける康喜さん

更新情報

初日に白樺学園×帯工の十勝勢対決、秋季道高校野球組み合わせ決まる

紙面イメージ

紙面イメージ

9.22(水)の紙面

ダウンロード一括(130MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME