十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

太く、おいしく育って ナガイモの植え付けピーク

ナガイモの種を植える小泉さん(18日午後1時41分、帯広市基松町で)

 JA帯広かわにしなど管内の10JAで生産する「十勝川西長いも」の植え付けが、帯広市内でピークを迎えている。新品種「とかち太郎」に切り替わって2年目、生産者は豊作を願い、作業に汗を流している。

 帯広市川西長いも生産組合の組合長を務める小泉裕亮さん(46)=帯広市基松町=の畑では、13日から作業を開始。今年産は種子用も含めて約2・8ヘクタールを作付けする。例年と同じペースで、植え付け作業は今月下旬に終える予定だ。

 とかち太郎は10JA合わせて、前年(約550ヘクタール)とほぼ同様の作付けを見込む。小泉さんは「昨年は干ばつや雨に見舞われたが、豊作だった。今年も安全で品質の高いナガイモに育ってほしい」と話していた。

 11月に収穫し、国内のほか、米国や台湾などにも輸出される。2020年産の全体出荷量は約2万4000トンだった。(松岡秀宜)

関連動画

  • 太く、おいしく育って ナガイモの植え付けピーク

関連写真

  • 播種(はしゅ)用機械に乗り、手作業で種イモを植え込む小泉さん(18日午後2時22分、帯広市基松町で)

    播種(はしゅ)用機械に乗り、手作業で種イモを植え込む小泉さん(18日午後2時22分、帯広市基松町で)

  • ナガイモの種を植える小泉さん(18日午後1時54分、帯広市基松町で)

    ナガイモの種を植える小泉さん(18日午後1時54分、帯広市基松町で)

  • ゆっくり進む作業機に座り、手作業で種イモを植える小泉さん(18日午後1時55分、帯広市基松町)

    ゆっくり進む作業機に座り、手作業で種イモを植える小泉さん(18日午後1時55分、帯広市基松町)

  • 種イモを植え付けながら、畑をゆっくりと進む作業機(18日、帯広市基松町)

    種イモを植え付けながら、畑をゆっくりと進む作業機(18日、帯広市基松町)

更新情報

サクラの幹に花付ける“ど根性ヒマワリ” 音更で話題に

紙面イメージ

紙面イメージ

9.20(月)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME