十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

劇団パズル、23日に帯広市民文化ホールで公演へ 緊急事態宣言下も特例得て

公演に向け、けいこに熱を入れる劇団の子どもたち(中央の青と赤い服が主役の山田さん)

 十勝管内の小中高生らでつくる「劇団パズル」は23日午後2時から、第18回公演「十一匹のネコ!令和決定版」を帯広市民文化ホールで開く。当初1月の開催を、新型コロナウイルスの感染拡大で延期。さらに今回は緊急事態宣言下となるが、「丸1年、けいこをしてきた。発表の場をつくりたい」と本番に臨む。子どもたちは「全力を尽くす」と意気込んでいる。

 同劇団は昨年6月からけいこを開始。今年1月末に2日間の公演を予定していたが、新型コロナ再拡大で十分なけいこができず、開催を延期していた。緊急事態宣言を受け、同ホールは17日から原則閉館となったが、興行などの催しについて市は中止要請した上で、主催者の判断に任せている。劇団側はコロナ対策として客席を半分以下に減らして開催し、チケットの払い戻しにも応じる。

 「十一匹のネコ!」(原作/井上ひさし)は、野良猫たちが力を合わせて巨大魚を捕まえる冒険物語。小学4年生からの団員17人が出演する。台本と演出を担当する窪田稔さん(73)は「コロナなど現代の要素を取り入れ、仲間同士が助け合う友情をテーマにした作品になった」。主役の「にゃん太郎」を演じる山田蒼弥(そうや)さん(幕別札内中1年)は「大変な状況だが、お客さんを楽しませたい」と話している。

 上演は1時間40分。チケットは前売りのみで1000円。同ホール内のチケットらいぶで扱っている。払い戻しは22日午前10時~午後5時、小ホールでチケット持参で受け付ける。問い合わせは劇団パズル親の会(gekidan-puzzle@softbank.ne.jp)へ。(高田晃太郎)

関連写真

  • 公演に向けて練習に熱が帯びる劇団員(手前が主役の山田さん)

    公演に向けて練習に熱が帯びる劇団員(手前が主役の山田さん)

  • 公演に向けて意気込む劇団員(前列左から4人目が主役の山田さん)

    公演に向けて意気込む劇団員(前列左から4人目が主役の山田さん)

更新情報

飲食店や美容室で癒しのロボット導入 店で愛される看板に

紙面イメージ

紙面イメージ

8.3(火)の紙面

ダウンロード一括(75MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME