十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

幸福駅でビーツフロートを販売

ビーツフロートをPRする(左から)三浦代表と岩本社長

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。

 地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯広)の岩本聖史社長が考案。4月からメニューに加えた。

 コーラフロートを参考に、ビーツサイダーにソフトクリームを載せた。同カフェでは昨年からサイダーを扱っているが、ソフトクリームと併せて注文する観光客も多く、両方味わえるようにした。岩本社長は「十勝産生乳のソフトとビーツでそれぞれの良さを楽しんでほしい」と話す。

 値段は500円。三浦代表は「昭和らしい懐かしさを感じる味。幸福駅限定なのでぜひ味わってほしい」としている。(川野遼介)

更新情報

帯広市の小学校で電子書籍広まる 「コロナ対策」としても期待

紙面イメージ

紙面イメージ

7.25(日)の紙面

ダウンロード一括(58MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME