十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

新得で寒晒しそばの仕込み進む

寒風の中で進む寒晒し作業。ソバの実が乾きやすいよう、畝状に広げていく(21日午前10時45分ごろ)

 【新得】新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。

 寒晒しはソバの本場・信州に伝わる伝統の加工法。厳寒期にソバの実を水に浸した後、天日・寒風で乾燥させることで、あくが抜け、甘みや風味が増すとされる。

 4日から作業を開始。自社農園で収穫したボタンソバを、3日ほど同社敷地内の湧水の池に浸した後、数日かけて乾燥させる。21日午前はスタッフ2人で、池から引き上げた30キロのソバをざるに広げた。3月までに玄ソバで300キロを仕込む予定。

 寒晒しそばは十割で打ち、せいろ(800円)、つけとろ(950円)、天せいろ(1450円)として提供する。同店の鈴木利光支配人は「雑味が取れたすっきしりた味わい。こんなご時世だからこそ、おいしいそばを味わって」と呼び掛ける。(丹羽恭太)

【10秒動画】新得で寒晒しそばの仕込み進む



関連写真

  • ソバを池から引き上げるスタッフ

    ソバを池から引き上げるスタッフ

  • 寒風の中で進む寒晒し作業

    寒風の中で進む寒晒し作業

更新情報

居合道道大会6段の部小須田連覇、全国へ 三冨準V 団体戦4段以上の部全十勝剣連連覇

紙面イメージ

紙面イメージ

8.13(土)の紙面

ダウンロード一括(88MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME