十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

命つなぐ旅、十勝川で秋サケ遡上

ととろーどの魚道を力強く進む秋サケ(小山田竜士撮影)

 十勝川に、今年も秋サケが遡上(そじょう)している。体長70センチにもなるサケが産卵のため、必死に上流を目指している。

 十勝川河口から約43キロ上流に位置する魚道観察室「ととろーど」(幕別町相川127)では、ガラス越しに、サケがさかのぼる様子を間近で観察できる。施設の管理人岩堀嘉典さん(75)によると、昨年は1日で500匹以上を観察した日もあったが、今年は例年になく少なく、今月上旬は1桁台が続いた。

 それでも、雨で川の水位が上がった5日は約90匹、6日は約60匹を確認。魚道の強い流れを鉄砲玉のように越えていくサケがいる一方、流れに押し戻される姿も見られた。

 栃木県に住む男性(40)は10年近く、仕事で十勝を訪れた際に立ち寄るといい、「力強く泳いでいく姿は何度でも見たい」と話していた。

 サケの遡上は今月末ごろまで続く。同施設の開館時間は午前9時半~午後4時半。無料。問い合わせは管理する十勝エコロジーパーク財団(0155・32・6780)へ。(高田晃太郎)

更新情報

ボールパークに十勝発庭園 国際ショー金賞の2社と高野ランドスケープ 23年北広島に開業

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME