十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

林克彦氏が社長就任 デスティネーション十勝

林克彦新社長

 アウトドア観光振興を展開するデスティネーション十勝(帯広)は、体調不良で退任した後藤健市社長に代わり、6月27日付で新社長に林克彦取締役(47)が就任した。

 林氏は1975年帯広市生まれ。帯広柏小、帯広第六中、帯広柏葉高、拓殖大学卒。2000年十勝毎日新聞社入社。04年から同社取締役、17年から北海道ホテル社長。

 林社長は日高山脈襟裳国定公園が国立公園化することを話題に「今後はもっと社会でアウトドアが注目される時代になる。官公庁とも連携しながら事業を展開し、アウトドアを中心に十勝を活性化させていきたい」と抱負を述べた。

梶原一生新副社長

 役員改選では、林社長の他、副社長には取締役の梶原一生氏(38)が就任した。初代社長の山井太氏は会長に就任した。代表権は林氏が持つ。(松崎篤嗣)

 改選後のその他の役員は次の通り。(敬称略)

▽取締役=礒野照弘、荒井駆

更新情報

2日に芽室落花生まつり 「早採り選手権」も

紙面イメージ

紙面イメージ

9.26(月)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME