2022年8月号

特集/夏パフェ、ひんやり

【シニア】梅雨に多い「天気痛」

 低気圧が近づいて天気が悪化すると、頭痛や肩凝り、関節痛などに悩まされたり、以前にけがや骨折をした部位が痛んだりすることがあります。このような痛みは「天気痛」と呼ばれ、日本人の3人に1人が経験しているそうです。これから続く梅雨の季節に特に多いと言われています。

 ロート製薬とウェザーニューズ(千葉市)が共同で行った「天気痛調査2020」によると、全年齢で最も多い症状は「頭痛」ですが、年齢が高