十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

管内暴風 広尾29・5メートル 視界不良、多重事故も

多重衝突事故が起きた帯広市幸福町の道道新帯広空港線(27日午前11時15分ごろ。柳田輝撮影)

上士幌4月最大22.4メートル、帯広21.2メートル
 前線を伴う低気圧が急速に発達しながらオホーツク海に進む影響で、十勝地方は27日、風が強い状態となり、上士幌では4月としては観測史上最大となる最大瞬間風速22・4メートルを観測した。管内では同日午前、強風の影響とみられる停電や砂嵐による交通事故なども起きた。帯広測候所によると、強い風のピークは27日午後までで、28日まではやや強い風が吹き続ける見通し。

 帯広測候所によると、十勝地方はほぼ全域で10メートル以上の最大瞬間風速を観測。十勝南部には暴風警報も発令されるなど、管内は強い風が断続的に吹き続けた。

 管内で観測された最大瞬間風速は、広尾29・5メートル、中札内村上札内26・9メートル、大樹25・4メートル、上士幌22・4メートル、音更町駒場21・9メートル、帯広21・2メートル、更別21・0メートル、鹿追20・6メートルなど。

突風で倒れた帯広中央公園横の街路樹(27日午前9時55分ごろ)

 広尾町では豊似地区など約740戸で停電となったが、27日午後0時15分までに、すべて解消された。帯広市内でも強風が畑の土を巻き上げて広範囲に砂嵐が発生した。幸福町の道道新帯広空港線では同日午前10時ごろ、視界不良が原因とみられる乗用車やトラックなど6台による多重衝突事故も起きた。2人がけがを負ったが、いずれも軽傷。西3南8の道道では、街路樹が倒れて歩道をふさいだが、いずれもけが人などはいない模様。

 このほか、広尾町では市街地でサクラの木が倒れ、役場職員が対応した。住宅や物置の「屋根が飛びそう」という通報が午前中に3件あり、消防署が飛散防止措置を講じた。いずれもけが人はいなかった。

 士幌町でも「屋根が飛びそう」という通報があり、消防署員が出動した。けが人はいない。

 幕別町では観光庭園「十勝ヒルズ」が強風のため27日を臨時休園とした。

 浦幌町や大樹町で野火が発生。けが人はいない。

 帯広測候所によると、警報クラスの強い風は27日夕までには収まる見通しで、28日はやや強い風が吹き続ける予報。予想される波の高さは3メートル。

帯広空港線で多重衝突事故

関連動画

  • 帯広空港線で多重衝突事故

更新情報

思い出の鉄路・十勝の廃止駅 北海道拓殖鉄道編3 瓜幕駅

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME