地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年8月号

特集/自然を感じて 日勝半島

【健康】バーチャルで歩行を体験

 豊橋技術科学大と東京大の共同研究チームは、座った状態で足を動かさずに歩行を疑似体験できるシステムを開発。将来的には、障害などで歩行が困難な人でも外出や散歩を体験することが可能になると発表した。

 このシステムは、頭部に着けるディスプレー装置と足裏に置く四つの振動子(バイブレーター)から成り、バーチャル空間で自分のアバター(分身)を動かす仕組み。

 アバターの動きとユーザーの動きは連動