地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2022年1月号

特集/きままなキミと、今年も

【健康】ボツリヌス毒素が多汗症に有効

 多汗症の人は、正常な体温調節機能に必要な量以上の発汗があるが、「アボボツリヌス毒素A」治療薬が有効性を示した、とフランスなどの研究者が発表した。

 研究者らは、多汗症に関する国際的論文191本を調べ、23本がアボボツリヌス毒素Aと多汗症との関連性を報告していた。対象となった多汗症の種類や論文の数は、脇の下が13本、手のひらが7本、額が1本、背中の「代償性多汗症」、「Frey症候群(味覚性多