十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

包括連携協定~札医大の研究室から(36)「医学部腫瘍内科学講座 加藤淳二教授」

大腸がんを狙い打ち 副作用リスク低減
 治療が難しいとされるすい臓がんと大腸がん。札幌医科大学は2012年、糖の一種である「フコース」を利用した、すい臓がんの新たな治療法を開発。16年には大腸がん治療に関する研究結果を発表した。同大学医学部腫瘍内科学講座の加藤淳二教授に、研究内容を聞いた。(聞き手・安藤有紀)

 -研究の背景は。
 フコースは、たんぱく質に糖鎖として結...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 包括連携協定~札医大の研究室から(36)「医学部腫瘍内科学講座 加藤淳二教授」

更新情報

町と鹿島建設がワーケーション実証実験 鹿追

紙面イメージ

紙面イメージ

10.17(日)の紙面

ダウンロード一括(57MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME