十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

人工衛星ロケット着手 観測機成功後に本格化 インターステラ社

 【大樹】ロケット開発のインターステラテクノロジズ(IST)=本社大樹町、稲川貴大社長=は、2020年の打ち上げを目指す人工衛星の軌道投入機の開発を始めた。エンジンのパワー増強に重要な機関となるターボポンプの開発を進めている。

 同社は年内にも、民間企業単独では初となる宇宙空間への観測ロケット打ち上げを予定している。この観測ロケット「モモ」は高度100キロの宇宙に到達後、地上に落...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

企業と共同開発のクッキーを札幌で販売 上士幌高

紙面イメージ

紙面イメージ

12.2(金)の紙面

ダウンロード一括(121MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME