十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

育ててきたサケの稚魚放流 帯広第八中の自然観察少年団

網に入れた稚魚を放流する生徒(石垣さん提供)

 帯広第八中学校の「自然観察少年団」は、同校敷地内で育ててきたサケの稚魚約5000匹を近くの用水路に放流した。大きく成長して地元の川に無事戻ってくることを願った。

 生き物に興味のある生徒でつくる同少年団は、36年前から毎年、学校敷地内の観察小屋で人工授精させた卵をふ化させ、「こどもの日」の市民放流祭(とかち帯広サケの会主催)に向けて稚魚の世話をしている。

 だが、今年の放流祭は新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止となり、生徒だけで静かに放流することになった。

 4月27日、生徒たちはウツベツ川につながる用水路で、網に入れた5センチほどの稚魚を放した。サケの会の千葉養子会長代行や、活動を指導してきた石垣章さん(帯広)らが見守った。

 生徒たちは「コロナ禍でいつものような放流会はできなかったけど、石垣さんたちのおかげで貴重な体験ができた」と笑顔。千葉会長代行は「生き物を育てた体験を今後の人生に生かしてほしい」と話した。(高田晃太郎)

更新情報

十勝側区域の拡張要望 日高山脈国立公園化 十勝圏活性化推進期成会

紙面イメージ

紙面イメージ

6.18(金)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME