2022年9月号

特集/十勝の秋はお外が楽しい!

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「ゆで+焼きでパリッ」

 かちまいをご覧の皆さま、こんにちは。クッキングエンターテイナーの大西哲也です。今日もよろしくお願いいたします。このコーナーはタイトルの通り、料理をおいしくする“ひと工夫”を分かりやすく解説します。「なぜそれをするのか」が理解できると、料理が簡単に・おいしく・楽しくなりますよ。

 今日はみんな大好き「ウインナーのおいしい焼き方」をご紹介します。

 まず、フライパンにウインナーと、ウインナーの4分の1くらいまでの高さの水を入れ、強火にかけます。沸騰したお湯の中で時々ウインナーを転がしながら水分を蒸発させるのです。

 水分がほとんど蒸発したら弱火にし、転がしながらゆっくり全体に焼き色をつけます。皮が少し破れても大丈夫。これで皮がパンパンに張り、肉汁がじゅわっとあふれ出すウインナーの完成です。

 皆さんは普段どんな調理で食べていますか? 主に、ゆでる派と焼く派で分かれると思いますが、ゆでのみで仕上げると、皮が少しふやけてしまい、うまみの一部がゆで汁に流出してしまうことが難点。焼きのみだと、中心部まで温まる前に皮を焼きすぎて焦げたり破裂したりしてしまうことがあります。

 今回の方法だと、中心部まで温めた後に、流出したうまみが再びウインナー表面にしっかりと付着し、さらに皮の水分を飛ばすことで驚きのパリッパリに仕上がるのです。

 YouTubeの動画では詳しく解説しておりますので、ぜひ一緒にご覧いただけましたらうれしいです。

YouTube「COCOCOROチャンネル

★今回の動画はこちら

<おおにし・てつや>
 1982年本別町生まれ。本別高、専門学校を卒業後、自動車整備士、旅行会社の添乗員などを経て、2016年3月に趣味の料理で旭川市にて起業。「0024(おおにし)クッキングスタジオ」として出張料理・ポップアップレストラン等の活動の後、2017年3月東京都調布市にて合同会社teamsupportと共同でダイニングバー「COCOCORO」を開店。著書に「COCOCORO大西哲也のドヤ飯」「COCOCORO大西哲也の神だれ無限レシピ」(大和書房)、「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)。

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫

 十勝毎日新聞をご覧の皆さま、はじめまして。クッキングエンターテイナーの大西哲也と申します。本別町出身で、今は東京で飲食店を経営しながらYouTubeで料理動画を配信したり、料理で人に喜んでもらうためにさまざまな活動をしております。これから時々このせいかつ掲示板で料理のお話をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「納豆は424回混ぜる」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「茄子は『じっくり』」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「究極のもやし炒め」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「ナポリタン」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「キュウリに魔法を」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「レンジでサラダチキン」