地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年12月号

特集/気持ちカタチに。贈ろうGIFT

隠れた名著、教えます~BOOK(24)「ツナグ」

 この本との出合いは、入院した時に同僚がお見舞いで持参してくれたのがきっかけでした。

 人は生を受けてから死を迎えるまでに、幾度となく出会いを繰り返します。しかし、相手との最期が全て円満とは限りません。「もう一度会って話せたら…」さまざまな後悔を抱いた死者と生者の再会を、一度だけ叶えてくれる使者(ツナグ)。両者の深い悲しみが、再会により解かれていく物語です。

 私自身、この本を読み終えた後に最愛の祖母を亡くしました。最期に立ち会えず、感謝を伝えることもできず。もし、ツナグが現れてくれたら祖母との再会を懇願するでしょう。たとえそれが一生に一度しかないチャンスだったとしても。

<ツナグ>
辻村深月著
新潮文庫 781円

◆教えてくれた人
岡書 西帯店 寺本天さん
旭川市出身。2018年から十勝にある同系列店に勤務し、西帯店ではオープンから携わる。書店員5年目、どんなに忙しくても笑顔と感謝を大切に過ごす。


<岡書 西帯店>
帯広市西21条南3丁目38-11
TEL:0155・36・1100

隠れた名著、教えます~BOOK
十勝管内の書店に教えてもらった名著を紹介するChaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年10月号より。