地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年12月号

特集/気持ちカタチに。贈ろうGIFT

安心・とかちの暮らし(150)「『サブスク』でトラブルも 無料お試しのつもりが有料契約に!!」

 定額制でサービスや物を利用できる、「サブスクリプション(サブスク)」。音楽や動画配信のほか、車、服、ブランド品のレンタルなど、さまざまな商品・サービスがあります。個々で購入するのに比べてお得感がありますが、実際はそれほど使わなかったり、いざ解約しようとしても手続きがわかりにくいといったトラブルも。注意点などについて、帯広消費者協会の協力でまとめました。(Chai編集部)

◇事例
 「1か月間無料で動画見放題」というキャンペーンで、月額課金の動画配信サービスに登録。数回利用してそのままにしていたら、クレジットカード決済で預金口座から料金が引き落とされていることに最近気づいた。月3000円の有料会員へ自動更新されていたようだ。

◇回答
 登録時にクレジットカード番号などの支払い情報を登録するものは、無料期間の終了後、自動的に有料会員へ移行する場合が多いようです。契約が終わったと思っていたのに引き落としが続き、トラブルになるケースが見られます。期間のある契約では、自動更新されるのかどうか契約時に必ず確認しましょう。

 無料期間内に退会したとしても、請求が発生しないための条件(『退会手続きが○日前まで』など)を定められていることがありますので確認が必要です。また、ログインに必要なパスワードなどを忘れてしまい、本人確認ができない状況になると、解約や退会が困難になる場合も。IDやパスワードはきちんと管理しましょう。

 疑問や困ったことがあれば、お近くの消費生活相談窓口にご相談ください。

【相談窓口】
帯広市消費生活アドバイスセンター(とかちプラザ1F Tel:0155・22・8393)、またはお住まいの各町村消費者相談窓口か道立消費生活センター相談窓口(Tel:050・7505・0999)へ。なお、帯広消費者協会では、会員を募集しています。通常立ち入れないような施設を見学できたり、各種広報物の提供を受けられるなどの特典があります。年会費:1口2,000円 問:帯広消費者協会Tel:0155・22・7161

安心・とかちの暮らし
暮らしの困りごとについて、帯広消費者協会の協力で事例を紹介する連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年8月号より。