2022年7月号

特集/うまいぞ!中華

おでかけスイーツ部(51)「Que sera,C'est la vie!(ケセラセラヴィ)」

キャラメルソースの塩気がアクセントのクレープ〈キャラメル&バナナ〉950円。この他、発酵バターを使った〈あんこ&バター〉950円、〈はちみつ〉800円など。自家製バニラアイスクリーム(250円)のトッピングも可

屋台でいただく本格スイーツ
 酒の肴(さかな)が、本格的なスイーツ。女子はもちろん、甘党のサラリーマンも立ち寄りやすい店が、帯広市内の「北の屋台」にある。

 店主の菊地奈実子さんは高校卒業後、大阪の製菓の専門学校に進学。神戸や故郷・十勝の菓子店でパティシエとして働いたのち昨年4月、念願だった自分の店を屋台に構えた。手作りのスイーツを中心に、軽いおつまみと酒を提供している。

 パフェやプリン、ケーキといったラインアップの中、お勧めしたいのが8種類のバリエーションがあるクレープだ。小麦粉や卵、砂糖、牛乳、そして焦がしバターで仕上げた生地はこくがあり、風味豊か。美しく皿に盛られた、焼きたてを味わえるのもうれしい。ワインや自家製シロップのカクテルなど、デザートと合うお酒と一緒にぜひ。

 「コーヒーやハーブティーもあります。0次会や飲み会途中の休憩などさまざまなシーンで使ってください」と話す、明るい菊地さんとの談笑も魅力。いつもと違う大人のスイーツタイムを楽しんで。

スペインのバスク地方を訪れてファンになった〈バスク風チーズケーキ〉450円は赤ワインと合わせて。

化学物質に頼らずに作られたナチュラルワイン各種の他、カシオペイアコーヒー店(音更)の豆を使ったコーヒーなど、ドリンク類が充実している



<Que sera,C'est la vie!(ケセラセラヴィ)>
帯広市西1条南10丁目7(北の屋台内)
Tel:080・4501・5801
営:17時~24時
休:火曜

「季節のスイーツもお楽しみに♪」と菊地奈実子さん


おでかけスイーツ部
十勝のスイーツを求めて、Chai編集部が各店を訪問する連載企画です。

※フリーマガジン「Chai」2021年12月号より。
※撮影/辰巳勲。写真の無断転用は禁じます。