大樹航空宇宙基地構想

TOPICS トピックス

トピックス

トピックス一覧へ戻る

十勝毎日新聞社2017年間キャンペーン「宇宙を拓(ひら)く」

 十勝と宇宙との距離がグンと縮まっています。航空宇宙開発をめぐり、国は宇宙基本計画(2015〜24年)を策定、新たなロケット発射場の整備検討を進めています。

 十勝でも2016年2月「とかち航空宇宙産業基地誘致期成会」(会長・米沢則寿帯広市長)が設立。49団体の代表が参加し、「誘致」へ向けたオール十勝の体制が出来上がりました。30年来の大樹町への宇宙基地誘致活動は全十勝、そして全道的な動きとも連動しつつあり、夢の実現で、十勝の産業環境が一気に変わる可能性も出てきました。

 2017年の年間キャンペーンのテーマは「宇宙を拓(ひら)く」です。ファイナルフロンティア・宇宙との関わりで、私たちの暮らしや産業の未來を、多角的に考えます。

十勝毎日新聞社2017年間キャンペーン「宇宙を拓(ひら)く」特設サイト
http://kachimai.jp/taiki-spaceport/article_campaign2017.php

トップへ戻る