おびひろ動物園探検隊

トップページへ戻る

ゴマフアザラシ

アザラシ目アザラシ科

■分布/ベーリング海、オホーツク海、日本海、太平洋北部 ■体長/1.4 ~ 1.9m ■体重/55~170kg

一般的に「ゴマちゃん」が愛称、「カイ」は「立つアザラシ」として有名

体中にある黒い斑点が名前の由来です。冬から春にかけては流氷と共に移動し、流氷の上で出産、授乳を行います。1回の呼吸で30分間以上も潜ることができます。ゴマフアザラシのこどもは生後3週間ほど白い毛に覆われています。日本国内では連載マンガに「ゴマちゃん」の愛称で登場したことで話題になり、脚光を浴びました。おびひろ動物園では、オスの「カイ」とメスの「モモ」、その2匹の間に16年3月20日に生まれたメスの赤ちゃん「マシロ」、合わせて3匹を飼育、展示しています。「カイ」は「立つアザラシ」と呼ばれ人気になっています。

動画を見る

その他の動画

生後3日目の赤ちゃん

生後7日目の赤ちゃん

生後10日目の赤ちゃん

生後14日目の赤ちゃん

生後19日目の赤ちゃん

生後21日目の赤ちゃん

生後25日目の赤ちゃん

生後26日目の赤ちゃん

エサを食べるカイとモモ

水中で寝るゴマフアザラシ

水中を泳ぐカイとモモ

探検ノートを見る